酷い更年期にはホルモン補充療法|アンチエイジング効果抜群!

女性

自宅でアンチエイジング

医者と看護師

人間は毎日の生活習慣が顔のしわやたるみの原因になることがあります。何気なく行なっている行動やクセで、知らないうちに顔のほうれい線の作っている場合あります。少し改善するだけで、数年後の見た目が大きく変化していることでしょう。アンチエイジングはエステや美容整形外科以外でも、自分の部屋でも行なうことが可能です。老けた印象を与えずに、若々しい肌を手に入れましょう。

簡単に出来るアンチエイジングは、寝る時の姿勢を仰向けで寝ることです。特に横向きで寝ると、ほうれい線やしわ、たるみが増えるでしょう。
横向きに寝ることで、顔だけでなく、首やアゴ、肩にストレスがかかります。重力の影響で変な風に力がかかり、寝違いや肩こりの原因になるでしょう。それだけではありません。顔を枕に押し付けて眠ることでしわの原因となるでしょう。仰向けで寝たほうが、一定の重力が顔にかかるのでたるみが少なくなります。

また、風呂のシャワーも注意が必要です。暑すぎるシャワーを顔に浴びることで、しわやたるみの原因となるでしょう。顔は非常にデリケートです。肌を守るための角質を熱いシャワーを浴びることで落とします。そのため、シャワー後は肌が乾燥するので、しわやたるみに繋がるでしょう。洗顔をする時は、熱いお湯でなく、少しぬるいと感じるくらいが最適です。また、シャワーよりも洗面器にお湯を貯めて洗顔しましょう。手で強くこすると、肌を傷つける危険性があるので優しく撫でるようにしましょう。
これを毎日続けることで、若い肌になるでしょう。